絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスって何?

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス

目次

絶対に貸してくれる金融極甘ファイナンスではありませんが…

どこにもお金を借りられない・・・選択肢は3つ

消費者金融(カードローン)に再挑戦

スクロールできます
審査に通ったときメリット目先の出費には対応できる。
デメリットお金を借りたら借金が膨らむ。
審査に落ちたときメリットこれ以上借りられないので諦めがつく。
デメリット目先の出費には対応できないが、
長い目で見ると特になし。
消費者金融の審査に通ったとき / 落ちたときのメリット・デメリット

街金に申込む

スクロールできます
審査に通ったときメリット目先の出費には対応できる。
デメリットお金を借りたら借金が膨らむ。
審査に落ちたときメリットこれ以上借りられないので諦めがつく。
デメリット目先の出費には対応できないが、
長い目で見ると特になし。
街金の審査に通ったとき / 落ちたときのメリット・デメリット

債務整理

債務整理は、複数の借入元から借りた負債をまとめて、一つの債務整理ローンに統合し、返済する方法です。これにより、返済にかかる利息や手数料を削減し、返済がスムーズになります。また、債務整理をすることで、返済期限や返済額を借入元と協議し、再調整することもできます。ただし、債務整理は借金を増やすことはないため、負債を解消するためには、負債を減らすための改善策を考えることが重要です。

過払金請求:「払い過ぎた利息を取り戻したい」

貸金業者に支払い過ぎた利息(過払い金)を取り戻す手続きで、払い過ぎた利息を計算し、その額の返済請求を行います。借入期間が10年以上で金利が18%を超える場合は過払い金が発生している可能性が非常に高いです。

個人再生:「住宅を手放したくない」

裁判所に申立てを行い、借金を概ね1/5もしくは100万円まで圧縮し、残りの借金を原則3年間で分割返済します(稀に5年分割が認められる場合もあります)。減額後の借金を完済すれば住宅ローン以外の借金については法律上返済する義務が免除されます。なお、法人を対象にしたものを通常の民事再生といい、個人のみを対象とした民事再生を小規模個人再生・給与所得者等再生といい、いわゆる「個人再生」と呼ばれるものです。

任意整理:「家族にバレたくない」「住宅や車を手放したくない」

裁判所を通さずに弁護士が債権者(貸金業者)との交渉を代行し、無理のない返済方法を新しく決め(和解)、借金の整理を行います。主に利息減免の手段になるため、消費者金融からの借入やリボ払いなど、高金利の借入に対して行うことが多いです。

特定調停:「自分でやって費用を抑えたい」「住宅や車を手放したくない」

裁判所の仲介のもとに債権者(お金を貸した側)と話し合って、返済方法などを調整する債務整理のひとつです。弁護士に依頼せずに債務者自身で簡易裁判所に申し立てを行う必要があります。

自己破産:「とにかく借金をゼロにしたい」

裁判所に「借金を支払うことができない状況である」ことを申立てます。「免責許可」が下りると、すべての借金を支払う義務がなくなります。ただし、官報やブラックリストに掲載される、職業制限が発生するなどのデメリットがあります。

「絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス」の検索上位サイトから見えてくるもの

まず、貸金業法には、誇大広告の禁止について以下の条文で規定されているのを確認しておきます。

貸金業法

(誇大広告の禁止等)
第16条
 貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。
 前項に定めるもののほか、貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、次に掲げる表示又は説明をしてはならない。
 資金需要者等を誘引することを目的とした特定の商品を当該貸金業者の中心的な商品であると誤解させるような表示又は説明
 他の貸金業者の利用者又は返済能力がない者を対象として勧誘する旨の表示又は説明
 借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明
 公的な年金、手当等の受給者の借入意欲をそそるような表示又は説明
 貸付けの利率以外の利率を貸付けの利率と誤解させるような表示又は説明
 前各号に掲げるもののほか、資金需要者等の利益の保護に欠けるおそれがある表示又は説明として内閣府令で定めるもの

誇大広告が問題になっているのは、主にアフィリエイトサイト

アフィリエイトとは、ブログやホームページに広告を掲載し、その広告経由で物が売れたりサービスの申込みがあると、ブログやサイト運営者に報酬が支払われるというビジネスモデルで、誰もが無料で始められることから、今ではよく知られています。

そして広告を配信している組織をアフィリエイト・サービス・プロバイダーといい「ASP(エー・エス・ピー)」と呼ばれます。メジャーなASPは、A8.net、バリューコマース、アクセストレード、ジャネットなどで、これらはいずれも上場企業です。そして上場していないASPも多数あり、何社あるのか分からないほどの飽和状態です。

「絶対に貸してくれる」「極甘審査」などの表現は、16条2項3号の「借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明」に当たる可能性が高く、広告主の代理店が定期的にアフィリエイトサイトのパトロールをしています。弊社の運営しているサイトも、文言の表現に何かしら問題があれば以下のように修正依頼がASPから必ず来ます。

お世話になっております。
下記サイトモビット様修正のご対応頂けますと幸いです。

修正箇所
https://xxxxxxxxxx.com/Result/ResultDetail/RT_/701748257927322

大変恐縮ですが、ご確認頂けますと幸いです。

誇大広告はアクセスが集まりやすく、カードローンのアフィリエイト広告の申込件数も爆発的に伸びます。しかしここで問題となるのが、上記の貸金業法の規制です。貸金業法は貸金業者を規制する法律のため、アフィリエイトサイトの運営者には原則適用されず、貸金業法違反にはならないのです。しかしこれでは広告主が迷惑するので、誇大広告を打っているアフィリエイトサイトがないか代理店にパトロールさせてアフィリエイトサイトとの提携を管理しているという訳です。また、広告主が上場している場合、株主からの追及される種は、できるだけなくしておきたいという思いもあるかと思います。

アフィリエイトサイトの運営者の集客方法と、集客方法が法律で規制される広告主との駆け引きが、インターネット空間で日々繰り広げられているという訳です。

ASPの規定している「禁止事項」

各ASPは、それぞれの禁止事項や関連する法律をアナウンスして、アフィリエイトサイト運営者に法令順守を呼びかけています。しかしながら、広告主が有名大手の上場企業でない場合、アフィリエイトサイトで多少の誇大広告がされても目をつぶり、有名大手の上場企業と棲み分けている可能性も考えられます。ここは限りなく黒に近いグレーゾーンで、今後は規制が厳しくなっていくことが予想されます。

アフィリエイトのアクセストレード
パートナー禁止事項|アフィリエイト始めるなら初心者にもやさしいアクセストレード パートナー禁止事項│アフィリエイトマーケティングサービス「アクセストレード」で定めるパートナー利用規約に基づき、禁止事項の具体例を掲載しています。
あわせて読みたい
アフィリエイトのJANet(ジャネット) アフィリエイト・プログラム「JANet(ジャネット)」は、約11400の広告数を持ったアフィリエイト広告サービスです。パートナー様には高還元率の報酬と高機能で使いやすい管...

審査と貸付けについての条文

以下の通り、審査と貸付けに関する条文があります。カードローン審査は必ずしなければいけないことと、返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならないことです。

そして「審査が甘い」という表現は、16条の誇大広告に当たる可能性があるため、街金以外の大手カードローン会社は使っていません。

貸金業法

(返済能力の調査)
第13条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

 貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

 貸金業者は、前項の場合において、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときは、第一項の規定による調査を行うに際し、資金需要者である個人の顧客(以下この節において「個人顧客」という。)から源泉徴収票(所得税法(昭和四十年法律第三十三号)第二百二十六条第一項に規定する源泉徴収票をいう。以下この項及び第十三条の三第三項において同じ。)その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録として内閣府令で定めるものの提出又は提供を受けなければならない。ただし、貸金業者が既に当該個人顧客の源泉徴収票その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録として内閣府令で定めるものの提出又は提供を受けている場合は、この限りでない。

 次に掲げる金額を合算した額(次号イにおいて「当該貸金業者合算額」という。)が五十万円を超える場合

 当該貸付けの契約(貸付けに係る契約に限る。ロにおいて同じ。)に係る貸付けの金額(極度方式基本契約にあつては、極度額(当該貸金業者が当該個人顧客に対し当該極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けの元本の残高の上限として極度額を下回る額を提示する場合にあつては、当該下回る額))

 当該個人顧客と当該貸付けの契約以外の貸付けに係る契約を締結しているときは、その貸付けの残高(極度方式基本契約にあつては、極度額(当該貸金業者が当該個人顧客に対し当該極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けの元本の残高の上限として極度額を下回る額を提示している場合にあつては、当該下回る額))の合計額

 次に掲げる金額を合算した額(次条第二項において「個人顧客合算額」という。)が百万円を超える場合(前号に掲げる場合を除く。)

 当該貸金業者合算額

 指定信用情報機関から提供を受けた信用情報により判明した当該個人顧客に対する当該貸金業者以外の貸金業者の貸付けの残高の合計額

 貸金業者は、顧客等と貸付けの契約を締結した場合には、内閣府令で定めるところにより、第一項の規定による調査に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

 前各項の規定は、極度方式基本契約の極度額(貸金業者が極度方式基本契約の相手方に対し当該極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けの元本の残高の上限として極度額を下回る額を提示している場合にあつては、当該下回る額)を増額する場合(当該極度方式基本契約の相手方の利益の保護に支障を生ずることがない場合として内閣府令で定めるものを除く。)について準用する。この場合において、必要な技術的読替えは、政令で定める。

(過剰貸付け等の禁止)
第13条の2 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(住宅資金貸付契約その他の内閣府令で定める契約(以下「住宅資金貸付契約等」という。)及び極度方式貸付けに係る契約を除く。)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(住宅資金貸付契約等に係る貸付けの残高を除く。)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

(誇大広告の禁止等)
第16条 貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、貸付けの利率その他の貸付けの条件について、著しく事実に相違する表示若しくは説明をし、又は実際のものよりも著しく有利であると人を誤認させるような表示若しくは説明をしてはならない。
 前項に定めるもののほか、貸金業者は、その貸金業の業務に関して広告又は勧誘をするときは、次に掲げる表示又は説明をしてはならない。
 資金需要者等を誘引することを目的とした特定の商品を当該貸金業者の中心的な商品であると誤解させるような表示又は説明
 他の貸金業者の利用者又は返済能力がない者を対象として勧誘する旨の表示又は説明
 借入れが容易であることを過度に強調することにより、資金需要者等の借入意欲をそそるような表示又は説明
 公的な年金、手当等の受給者の借入意欲をそそるような表示又は説明
 貸付けの利率以外の利率を貸付けの利率と誤解させるような表示又は説明
 前各号に掲げるもののほか、資金需要者等の利益の保護に欠けるおそれがある表示又は説明として内閣府令で定めるもの

「絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス」の検索上位サイトの見出しを抽出

このサイト以外の見出しをザックリと眺めると、誇大広告とは言えないまでも、お金に困っているユーザーを惹きつけるようなタイトルや見出しが並んでいます。「絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはない」と否定しつつも「ブラックリストでも借りれる可能性がある中小消費者金融」という見出しで消費者金融を紹介していたり、6位以下では「ブラックにも審査が甘い」「ローンが通らない人の為のローン」など、明らかに誇大広告と言えるような見出しを付けているサイトも散見されます。

※ 以下は2024年2月16日現在の検索結果です。

1位

<h1見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス誰でもお金貸しますは危険!5chで超神金融最後の砦。最新版
<h2見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス誰でもお金貸しますは危険
<h2見出し> 最新!5chで超神金融最後の砦と呼ばれる業者も独自審査が設けられている
<h2見出し> ブラックリストでも借りれる可能性がある中小消費者金融
<h3見出し> セントラル
<h3見出し> フクホー
<h3見出し> 中央リテール
<h3見出し> キャレントキャッシング
<h2見出し> 審査通る自信がない。借金返済が厳しい時は債務整理も検討
<h2見出し> まとめ

2位

<h1見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス!どこも融資してくれない場合。超神金融最後の砦と5chで評判。最新
<h2見出し> 絶対に貸してくれる極甘審査ファイナンス!どこも融資してくれない場合どうする?
<h2見出し> どこも融資してくれない!独自審査のフリーローン
<h3見出し> ①プロミス
<h3見出し> ②SMBCモビット
<h3見出し> ③アイフル
<h3見出し> ④アコム
<h2見出し> 超神金融最後の砦!スーパーブラックでも借りれると5chなどで評判。最新
<h3見出し> セントラル
<h3見出し> ニチデン
<h3見出し> スカイオフィスキャッシング
<h2見出し> お金借りれない最終手段!金融機関以外でお金を借りる・作る方法。即日など
<h3見出し> 質屋
<h3見出し> 契約者貸付
<h3見出し> 火災保険申請サポートを利用する
<h3見出し> まとめ

3位

<h1見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスはあるのか?
<h2見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスの真実
<h3見出し> 審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社
<h3見出し> 神金融 最後の砦とは?
<h3見出し> スーパーブラックでも借りれる方法
<h4見出し> 担保と保証人:古典的ながら有効な手段
<h4見出し> 非正規の貸金業者:リスクとチャンス
<h4見出し> P2Pレンディング:新しい選択肢
<h4見出し> リスクヘッジの方法
<h3見出し> 独自審査 フリーローンの選び方
<h3見出し> 誰でも お金 貸しますの落とし穴
<h4見出し> 「誰でもお金貸します」の背後に隠れた高利率
<h4見出し> 手数料の罠:初回無料でも続きは高額
<h4見出し> 違法業者のリスク:未承認業者からの借入れ
<h4見出し> 個人情報の漏洩:データハンドリングにも警戒を
<h4見出し> 総量規制の回避:法的な落とし穴
<h3見出し> ローンが通らない人の為のローン解説
<h3見出し> 激甘地方銀行カードローンの特徴
<h3見出し> 超 神金融のリスクとは?
<h2見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスの安全な利用法
<h3見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスの法的側面
<h3見出し> 神金融 最後の砦の安全性
<h4見出し> 神金融の法的基盤:認可された業者の存在
<h4見出し> 取り立ての厳格性:業者ごとの差が大きい
<h4見出し> 契約前の確認事項:隠れた手数料や条件
<h4見出し> オンライン評判の活用:信頼性の一端
<h4見出し> 総量規制と神金融:リスクの高まり
<h3見出し> スーパーブラックでも借りれるのは本当?
<h4見出し> スーパーブラックの定義:信用情報機関の役割
<h4見出し> 高利率の実態:年利20%以上も
<h4見出し> 厳格な取り立て:遅延損害金とその他の費用
<h4見出し> 非正規業者のリスク:違法な手段も
<h4見出し> 短期借入れの選択:リスクを最小限に
<h3見出し> 独自審査 フリーローンの安全な利用法
<h3見出し> 誰でも お金 貸しますの信頼性
<h3見出し> ローンが通らない人の為の安全なローン
<h3見出し> 激甘地方銀行カードローンの信頼性
<h4見出し> 地方銀行の信頼性:地域社会との連携
<h4見出し> 低利率のメリット:年利2%~5%の範囲
<h4見出し> 返済プランの柔軟性:個別対応が可能
<h4見出し> 過信の危険:返済能力の見極めが必要
<h4見出し> 地方銀行の審査基準:地域密着型ならではの特徴
<h3見出し> 超 神金融の安全な利用方法
<h3見出し> スーパーブラックでも借りられる可能性がある消費者金融ランキング
<h3見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス:ブラックでもOK? の総括
<h2見出し> 絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスで良くある質問集
<h3見出し> おまとめローンの審査に通らない理由は何ですか?
<h3見出し> どこからもお金を借りれない時はどうすればいいですか?
<h3見出し> 闇金はどんな人が借りますか?
<h3見出し> ローン 在籍確認 何聞かれる?
<h3見出し> ローンが通らない人なぜ?

4位

<h1見出し> 【極甘審査】審査が甘い銀行カードローン・ファイナンスはある?即日融資が可能な消費者金融も紹介
<h2見出し> 極甘審査ファイナンスなら絶対に借入できる?
<h3見出し> 絶対に借入できるカードローンは存在しない
<h3見出し> 銀行カードローンは審査が厳しい
<h3見出し> 大手消費者金融は審査が厳しい
<h3見出し> 違法な極甘審査ファイナンスを利用してはいけない
<h2見出し> ネット系の銀行カードローンは審査が甘い?
<h2見出し> カードローンの審査に通過できない3つの原因
<h3見出し> 信用情報に金融事故が記載されている
<h3見出し> 他社からの借入額や件数が多い
<h3見出し> 返済能力がない
<h2見出し> 【確率大幅UP!】カードローンの審査に通過するコツ
<h3見出し> 借入額をなるべく低くする
<h3見出し> 正確な情報を記入する
<h3見出し> 複数の業者に申し込みしない
<h3見出し> 業者の口コミや評判を確認する
<h2見出し> 【今すぐお金を借りたい!】審査基準甘めの即日融資が可能な中小消費者金融10選
<h3見出し> セントラル
<h3見出し> フクホー
<h3見出し> アロー
<h3見出し> いつも
<h3見出し> プラン
<h3見出し> ニチデン
<h3見出し> デイリーキャッシング
<h3見出し> アルコシステム
<h3見出し> AZ株式会社
<h3見出し> スペース
<h2見出し> 銀行カードローンや極甘審査ファイナンス以外の借入方法
<h3見出し> 公的制度を利用する
<h3見出し> 保険の契約者貸付を利用する
<h3見出し> クレジットカードのキャッシング枠を使う
<h3見出し> 家族や知人を頼る
<h3見出し> 質屋を活用する
<h2見出し> 極甘審査のカードローン・キャッシングに関するよくある質問
<h3見出し> 自身がブラックかどうか確認する方法は?
<h3見出し> 学生でも借入できる?
<h3見出し> 在籍確認は絶対にある?
<h3見出し> 審査が緩い銀行カードローンはブラックでも借りられる?
<h3見出し> キャッシングの審査が甘い消費者金融はある?
<h2見出し> まとめ

5位

<h1見出し> ブラックでも借りれる消費者金融!極甘審査ファイナンスとは?
<h2見出し> 「極甘審査ファイナンス」という広告には注意
<h2見出し> ブラックでも借りられる中小消費者金融
<h3見出し> 1:ブラックでも借りられると評判の「スペース」
<h3見出し> 2:高金利な分審査が柔軟な「AZ株式会社」
<h3見出し> 3:無理なく返済したいなら「プラン」
<h3見出し> 4:最大60日間無利息サービスのある「いつも」
<h3見出し> 5:ブラックでも借金が0円なら「フタバ」に申し込む
<h3見出し> 6:おまとめ専用の「中央リテール」
<h3見出し> 7:在籍確認が行われないといううわさの「キャネット」
<h3見出し> 8:ローンカード利用可能な「ライフティ」
<h3見出し> 9:最短45分で審査完了の「キャッシングアロー」
<h3見出し> 10:30日間無利息サービスのある「セントラル」
<h3見出し> 11:大量の書類で返済能力を判断する「フクホー」
<h3見出し> 12:取り立てが厳しい「しんわ」
<h3見出し> 13:説教される「キャッシングエイワ」
<h3見出し> ブラックでもOKの業者を見極めるコツ
<h5見出し> 1. 大手より中小をメインに探す
<h5見出し> 2. 「柔軟審査」などのアピールは要チェック
<h5見出し> 3. ネットの口コミも参考にしよう
<h3見出し> ブラックでも借りられる業者は安心なの?
<h2見出し> ブラックだからこそ借りられる方法
<h3見出し> 生活福祉資金
<h3見出し> 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
<h3見出し> 年金担保貸付で借りる
<h3見出し> 国の教育ローン
<h2見出し> 本当にブラックなのか信用情報で確認
<h3見出し> ブラックリストに登録される条件
<h5見出し> 異動が登録される条件
<h5見出し> ブラックと勘違いする人が多いパターン
<h3見出し> 信用情報を開示してみる
<h3見出し> 申し込みブラックになったら半年待つ
<h2見出し> 借りてはいけない危険な業者
<h3見出し> 闇金
<h3見出し> 個人間融資掲示板
<h3見出し> クレジットカード現金化
<h2見出し> その他の借入方法
<h3見出し> 生命保険の契約者貸付
<h3見出し> クレジットカードを使うのが一番簡単
<h3見出し> 質屋は担保さえあれば借りられる
<h2見出し> まとめ|ブラックでも借りられるキャッシングはある!

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスQ&A

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は?

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は存在しません。 個人への過剰貸付が問題視されたことで、金融庁は貸金業法の改正を実施しました。 現在ではどのローン会社も、申込時には必ず返済能力の調査を行わなければいけません。 審査が通らない場合は、カードローン以外の対処法でお金を調達しましょう。

闇金から借りた借金は無効ですか?

ヤミ金から借り入れた借金は、違法な高金利であるため、貸し付ける行為そのものが法律上無効となります。 そのため、借りたお金そのもの(元本)も利息も一切返済する必要はありません。 最高裁判例でも、元本を含めて1円の返済義務もないことが認められています。

セントラルは在籍確認ありますか?

セントラルは、基本的に審査の際に職場への電話による在籍確認を行っているようです。 書類審査に切り替えることはできないため、「職場へ絶対に電話してほしくない!」という人は、他の在籍確認の電話連絡がない消費者金融の利用も視野に入れましょう。 ただし、電話連絡は個人名で行うなどバレない配慮もなされています。

ヤミ金は返さなくて良いのですか?

相手が誰であれ、「借りたお金は返さなくてはいけない」と考えている人は多いはずです。 しかし、最高裁でヤミ金に対しては実際に借りたお金も返さなくて良いという判決が出ています。 裁判では、ヤミ金の被害に遭った人がヤミ金業者に支払ったお金の全て、つまり元金と利息の全てを損賠賠償として支払うようヤミ金業者に命じました。

ヤミ金が返せないとどうなる?

闇金からの借金を返せないと、悪質な取り立てを受けることになります。 本来、債務者への取り立ては法律で制限されていますが、そもそも闇金は違法な業者ですので、取り立てについても法外な行為を取ることが考えられます。 闇金であっても、貸付をする際にあなたの個人情報を提示するよう言ってきたのではないでしょうか。

闇金からお金を借りている人はどういう人が多いですか?

ヤミ金融からお金を借りたことがある人を職業別にみると、「農林漁業」(76.7%)が最も多く、次いで「学生」(70.6%)、「専門職」(65.3%)、「経営者・役員」(49.2%)、「公務員」(37.7%)と続いた。 ヤミ金融を利用した理由を尋ねたところ「限度額に達して貸金業者から断られたため」(45.8%)がトップ。

お金がない時にお金を借りる方法はありますか?
  1. カードローンを利用して即日お金借りる
  2. クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金借りる
  3. 即金アプリでお金を手に入れる
  4. 身の回りのものを買い取ってもらう
  5. 後払いサービスを利用してスマホでお金借りる
  6. 定期預金担保貸付で定期預金を担保にお金借りる

まとめ

「絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス」とは、お金に困っているユーザーを惹きつける文言で、誇大広告です。そして絶対に貸してくれる金融極甘ファイナンスというのは、貸金業法で規定されいてる貸金業者ではありえません。

絶対に貸してくれる金融極甘ファイナンスを探すよりも、大手カードローンの審査を受けた方が色んな意味で安全です。しかし、お金を借りたら返済しないといけないので安心とはいえず、借りないに越したことはありません。

ベストなのは債務整理です。以下の債務整理は相談無料です。カードローンの仮審査のような軽い気持ちで受けられます。借金の悩みから解放され、お金との付き合い方を更新し、貯金できるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次